“YouTube出演しませんか?

(※匿名OK※顔出し不要)

 

 

 

おはようございます。カタギです。

本日は心理機能コメンテーターについて説明します。

で、以前もね、動画で心理機能コメンテーターっていうね、

これYouTubeの収録部隊、YouTubeをね、

これ ご覧になってる方は、分かると思うんですけど、

僕がね、性格タイプ、16の性格とね、色んなことを関連づけて、

あの、YouTubeでね、色んなことを話してると思うんですよ。

 

「性格タイプと食欲」とかね。

「(性格タイプと)ぬいぐるみ」とか、う~ん、

「(性格タイプと)コールセンター」とか、う~ん、

「(性格タイプと)テルアポ営業」とか…、うん、

「性格タイプと、なんかね、このタイプの恋愛傾向」とか、うん、まぁ、

色んなね、ことを、性格タイプと関連づけて、えー、話すっていうね、

そういう授業を、あの、YouTubeでね、やってると思うんですけど。

 

僕が講師で、僕が一人で話してる回ではなくて、

何人かね、その参加者っていうかね、

生徒さん、生徒役って言うかね…が、いらっしゃって、

例えば、ベーさんとかね、ウエダさんとか、フォアグラさんとか。

 

色いろ、あの、過去のね、

YouTubeで、動画で もうアップロードされてるやつをね、ご覧いただけると、

僕が、メインでね、講師役というカタチでね、

喋らせて頂いて、色いろ生徒のね、色んな方がね、色んな、

各自、うん、それぞれ、それぞれのね、思いというかね 意見、ご意見をね、

色いろシェアしてくださっているという、そういう回があると思う、

回というか、そういう動画があると思うんですよね、うん。

 

で、そこへの、えー、出演、あれは、アレ、どういう人たちがやってるんですか?

というと、この心理機能コメンテーターっていうね、制度がありまして、

心理機能っていうのは、この性格タイプのヤツですね、16の、うん。

僕が、よく使う名称でございます、うん。

 

で、そこの心理機能コメンテーターっていうのに募集(してるから応募)して、

「う~ん、ちょっとコレ、YouTubeのね、収録…う~ん…に、 参加したい!」

って言う人はね、そこに応募してもらえればね、

僕が(事前に)色いろ聞いて、で、その後ね、参加していく、っていうね。

 

で、スケジュールを合わせて行ったりとかして、週に何回とか、うん。

その、募集っていうか、案内っていうか、告知を、まぁ、あらためてします、と。

ここで、うん。若干ね、制度が変わったんで。

うん、以前ね、アップロードした動画もね、

ま、ご覧になってもらえばいいですけど、うん。

で、その説明になります、うん。

 

どういうカタチかって言うと、まぁ、そうですね、だから、まず、

どういうカタチで、ソレを実施しているかって言うと、

だいたい最近 もう 多いのが、もう だいたい決まってるんです、平日。

平日の(夜)9時ぐらいかな。平日の(夜)9時か、(夜)9時とか、えー、

土日の(夜)9時、もしくは昼間、うん。

 

で、僕の予定も一応あるので、コンサルティングとかね、色んな…、なんか

お茶を飲みに行くとか(!?)、

お茶を飲みに行くことはあんまりないですけど(*^_^*)、うん。

 

だから、その都度、その都度で、色いろ変更もあるんですけど、

だいたいが、平日のどこかしらの曜日の(夜)9時。

で、あとは、えー、土日は昼間、もしくは(夜)9時、(夜)9時。

(夜)9時からですね。9時から2時間ぐらい、うん。

ていうふうにだいたい、決まってます。

 

だから「そこらへんには、ちょっとね、そこはどうしても、あけられない」とかね。

平日の、このYouTubeのね、あのアレに参加、収録に参加したいですけど、

昼間しか無理です、とかね、うん。

なんか、どういう、どうのこうのって言うかね、むしろ朝しかダメとか、ね。

深夜2時からだったらいけます、とか。

深夜2時からなんて、やらないですよ((+_+))。

 

だから、平日の(夜)9時からで、あとは、

土日の(夜)9時、もしくは昼間に、ときどき開催をする。

 

だから、「そこに参加できる!」っていう人以外はね、ちょっと向いてないですね。

今回のこの、コメンテーターは、っていうのはね、うん。

これからね、またね、あの 色いろ、状況が変わってきてね、

僕の仕事のやり方とか変わってきたりとかすると、うん。

 

違う(曜日の)昼間とかね、朝とかね、平日の10時から開催とかね、

そういうこともあるかもしれないですけど、

基本的には、今の段階ではね、平日の(夜)9時、

もしくは、えー、土日の(夜)9時や、土日の昼間に、あーと、収録のね、

あの 参加できるっていうメンバーを募集しています。

 

で、そこで、あの、集(つど)った何人か、だいたい、3人とかね、4人…ふたり、

2人~4人ですね。多い時で4人、4人とかね。

5人以上は、あんまり やらないです、うん。で、あの、開催。

で、僕と 一対一で開催、(マンツーマン)開催っていうのも、あんまりないですね。

 

最低2人、と僕で、あの 大体2時間から…。

1時間半~2時間半ぐらいですね、だいたい2時間くらいですけど。

(夜)9時~11時ぐらいまでやって、あの、終わるっていう。

そういう会合をやってまして、毎週ね、何回か、うん。

そこに参加しませんか?っていうね、この案内、案内ですよ。

 

で、参加条件は、特にないですよ。何、なんでもいいし、

今のところは、参加費もないです、うん。無料っていうか。

これからはね、色んなことを考えてて…

参加費を頂戴しようかな~っていうことは、ずっと考えてたんですけど、うん。

 

で、参加費って言ってもね「1万円!」とかって、そんなんじゃなくて、あの、

100円とかね、10円とかでも いいですよ。

 

やっぱり、あの、参加の申し込みだけしてね、あの色んな意味で、こう

「まぁ、気が向いた時に参加します」っていう感じにすると、

それでもいいんですけど、まぁ、なんだろ、参加しず…しずらい、っていうかね。

 

やっぱり、その、なんだろね、学ぶんだったら、あの、学んだほうがいいって言うか、

そういうとこも、あると思うんで。

だから、参加費とかね、設定したほうが、むしろ、皆さん、なんかで、

軽いプレッシャーとかになってね、うん。

 

「まぁ、ちょっと今日、なんか疲れてるけど、でも、やっぱりね。

参加費100円とられるし、今月まだね、1回も参加してないし、元をとろうかな」

とかって感じで出てみて、ちょっと。

 

気分はあんまり乗らないけど、

でも、なんか(出てみたら)色んなこと勉強になったとかね、うん。

「すごい久しぶりにね、こういうふうにね、あの 話してみると、すごい楽しかった」とか、うん。

「自分も色んな発見があって、ちょっとね、面倒くさいかな~って思ったけど、

 参加してみて良かったです」とか、

そういうことに、なる可能性があるんで。

 

だから参加費とか、本当はね、設定した方がいいのかな、と思ってるんですけど、

まぁ 今は、現段階は、無料で参加できるようにします。どんな人でも、うん。

 

で、年齢的には、そうですね、やっぱり高校…う~ん、

18歳以上ですね、18歳以上から、っていう。

で、まぁ、あの、上限はないです。150歳でも、何でもいいです、はい、基本的にはね。

 

で、どうしてもね、高校生とかで参加したいっていう場合は、ま、別に、うん。

拒否はしませんけど、それは、あの、前もって、ちょっと面接をするので。

面接というか、うん、色いろ、いくつか聞くと思うので。そこは覚悟してください。

基本的には、それ(18歳)以上で、お願いします、うん。

 

で、会社員の人だったらダメとか、ないですよ。

学生だけとか、あの、その、さっきね、僕が言った

平日の(夜)9時とか、土日の(夜)9時、土日の もしくは昼間に、どこかでね、

参加できるっていう場合は、それでいい ですね、うん、ですね。

 

で、参加費もないし、というカタチですね、うん。

で 特に このタイプはダメだ とかね、あの、

このタイプじゃなきゃダメだとか、うん、

そういうのも特にないですね、うん。

別に好きな(タイプじゃなきゃダメ、ではなく)

どのタイプでもいいですね。

 

あの、あなたがね、あの、興味があれば…。この、ただ一つ条件があるとしたら、

この性格タイプのね、『話に興味があるっていう人』、うん。

そこはもう、はずせない、ゆずれないですね、うん。

 

なんか僕の話を聞きたいとか、

僕と話す中で悩み相談…コンサルティングのね、つもりで来てね、

なんか全然 話を聞かないで、

「カタギさん、ちょっと聞きたいことがあるんですけど」とかって言ってね、

なんか、それはちょっと どうなんだよ、っていうふうに思うので、うん。

 

ちゃんと、色いろ興味があって、で、どのタイプにも、うん。

「僕(私)のタイプのだけ、話だけ聞きたい!」とかね、それは、

ちょっとね~って思うので、うん。

 

どのタイプもリスペクトしていて、興味があって、

どのタイプの人とも ちゃんとね、あの、

「仲良くしたいし、より深く理解をしたい」っていうね、うん。

 

そういう、うん、性格タイプに対するね、

この理論に対するリスペクトがある人を求めている。

 

ま、そこはね、難しいことじゃなくてもね、うん。

単にオモシロ…興味があって、っていうのでいいと思いますし、

(学習の)初まりのきっかけに、

例えば、「ん~、このタイプの男性に、え、恋しちゃた~」ってね、

で、ちょっと、まぁ このタイプ論に興味もったってぐらいでもいい、

いいと思うんですよ。

 

ただ、やっぱりね、そこだけで終わりにしないで。せっかく出会ったんだから、

16タイプの理論をね、活用していった方がいいと思うんでね、っていうことですね。

 

で、向いてるタイプは…、

「そうは言ってもね、向いてるタイプは あるんじゃないですか?」っていうと、

そうですね、僕のやり方的に、やっぱり『P型』の方が たぶん、向いていると思う。

 

あの、結構、あの 参加してみればね、分かると思うんですけど、

てか、僕のね、あの、出演してるメンバーがね、だいたい『P型』っていう。

ほとんど『EP』だと思うんですけど、多いのはね。

 

だから、そこらへんからも分かると思うんですけど、あの、

やっぱり『EP』でなくてもね、P(型)、まぁ でも やっぱり『EP』なのかな、

の方が向いてると思いますね。

やっぱり、やり方とかね、そんな…。

もちろんね、あの、あるんですけど、基本は、テンプレート。

 

でも基本的には、発言とかも、ほとんど(コメンテーターに)任されてますし、

テーマとかも、事前にある程度 伝えますけど、

「こういう話になって、こういう内容になって、こういう(ふうに)準備、

考える準備をしてきてくれ」っていうのは、あんまり、やっぱり伝えないので、僕はね。

 

その時、その時でね、あっち飛びで、色いろ変えてくので。

そういう意味で、「もう決まり決まったカタチでやりたい」っていう場合は、

ちょっと難しいかなっていう感じでね、うん。

 

うん、もちろんね、テーマは 前もって知らせる…ますけど。

『Jタイプ』の人とかにはね、うん。

ただ、完全に こう、内容とかまで全部 教え、教えるっていうかね、

その時に決める…話、あ、ほとんどアドリブなんでね、僕の話は、うん。

 

だから、それ(事前に脚本を配る事)は、ちょっと難しいし、

僕的にはちょっと、やりたくないな、と思うので、ある程度、その、なんか

その時…、その時その時のね、アドリブ力っていうかね、

(アドリブ)が、求められることになると思う、思う。

 

で、「こういう話をしてくれ」っていうのをね、

僕は あんまり(事前に依頼して)ふらないので

やっぱり本人の、なんか 話したい話を、話せ、させたいなぁと思うので。

 

あの、「それ(事前の仕込み)があった方がいい」っていう場合は、

もちろん、そういうふうにしますけど、基本的にはね。で、

テーマとかも、あの 集中しないんですよ。やっぱりね、うん。

その時、その時で、かなりバラ、バラバラになりますね。し、ランダムになる。

 

この時ね、美容の話をしていたかと思ったら、急になんか真面目な話になったりとか、

で『外的・認識機能』とかって話をしてたら、急に、なんか、

食べ物の話をしたりとか、あの、テーマはコロコロ変わります、うん。

 

それは、ちょっと覚悟しておいてください。

覚悟して欲しいっていうか、まぁ、僕のYouTubeチャンネルを見てたらね、ま、

そういうタイプだろうな~って分かると思う。

 

だから、すごい、うん、だからね、『JEタイプ』とかで、

「集中してね、このことについて話し、考えたい」とかっていう場合は、

ちょっと混乱する時も、あると思うんですけど。

 

そこは、ちょっと覚悟ね、覚悟っていうか、ご勘弁 願いたいと言うかね、うん。

そこは、「そういうもんなんだな~」って思って、ちょっとリラックスして、うん。

聞いといて欲しい、っていうかね、うん。

ていうカタチは、一応、ありますね、うん。です、うん。

 

だからね、あの、そういう意味でね、『P型』の方が向いてるとは…言えば、

向いてるんでしょうね、たぶんね、うん。

で、あとは、まぁ、そうですね、あと何かあるかな。

 

毎週、だからね、あなたが参加したら、

毎週、毎週ですね。最近、毎週 (確認メールを)送ってるんで、毎週、

「来週のスケジュール、あいてる日を教えてください」って言ってね、

僕が、毎週 月曜日とか日曜日とか、ま、だいたい月曜日ですね。

 

月曜日に(メールを)送るんで、で、

「この日あいてますよ」とかのチェックを入れてもらって、えー、で、

僕が、またメールを返して…ていうね。

 

ちょっと面倒くさいやり方になってるんですけど、うん。

今は、そういうカタチでやってます、うん。なんかね、

「グループでも作ってね、そこでスケジュール共有したらいいじゃないですか」

ってね、とも思うんですけど、あんまり僕って、

グループ作ってっていうのはあんまり好きじゃないんで。

 

なんか強制してるみたいですよね。「お前、ここの一員だ」みたいな、

ま、ホントはソレを入れたほうがいい部分もあると思うんですけどね。

一体感が出るんでね。

 

でも僕は、なんか、それってなんか締め付けている感じが、

僕はあんまり好きじゃないので、うん。

 

それぞれが、出演したいから出演する、っていうね、うん。

だから、まぁ ちょっとね、やり方を変えるかもしれないんだけど、

まぁ 現在は、そういうふうにしてます、うん。

 

だから毎週、送ります、メールをね。で、それに あなたは返してもらって、で、

出演したい日にチェックを入れてもらったら、

たいていね、あの、そこに出演するっていうことに、なります。

 

平日だったら(夜)9時から、で、土日は(夜)9時からか、

もしくは、えー、昼間か。で、何人かと あの、会って、

会って、て言うかね、そこで一緒になって。

 

で、その1回の収録の流れは、まぁ、そのね

案内のページとかにも書いてある通りなんですけど、

まずは雑談をしますね、ちょっと、ね。口慣らしというか。

で、最近は、僕が 歌詞が大好きなんで、歌詞をとり上げて、

で「このタイプだと思う」ってね、で、僕の解釈、それでみんなの解釈、感想とかね。

それぞれ歌詞を味わう、なんてこともやってます。

 

ただ、なんだろな、それが ずーっと続くかどうかは、分からない、ですかね。

で、まぁ、そういう雑談をやって、その後、収録に入る、うん。

 

で、3本とか4本とか。

むかしはね、4本テーマをやってたんですけど、長いな~って思って、

最近は2本だったり3本だったり、っていうことになってます、うん。

 

で、最後に質問と感想とか、ちょっと聞いて…っていう

カタチにしてます。してますね、毎回ね、うん。

 

で、毎回 その時のね、あの、

自分のスピーキングとかね、トークで、なにかテーマを設定して欲しい、

そういう指導を、指導が欲しいという場合は、

それも言ってくれれば、僕が設定をするので、

 

「あなたは、ちょっとね、気持ちがあまり入ってないよ」とか、で、

「あと、もうちょっと、ゆっくりしゃべりましょう」とか、うん、

「今回は…」とか。

そういうのは一応、そういう指導、それぐらいの指導はします。

 

ただ、思いっきりなんかね、コンサルティングみたいなのは、ちょっと難しいですね。

他の方々もいるのでね、いるっていうか、まぁ、うん。

一人だけにフォーカスしたら…えこひいきですよね。

だから、それはちょっと難しいかな、とかね。です、うん、ですね。

 

で、あの、もちろんね「毎回 参加しろ」なんていう強制も、まったくないですし、

気が向いた時だけに、参加したら いいんですけど、でも、なんかな、

半年に1回とか、まぁ そんな、この、そのペースでね、あなたがね、問題ないんだったら、

問題ないっていうかね、あの、別にいいんですけど、うん、

基本的にはね、毎月1回くらいはね、参加しといた方が(いい)。

 

やっぱり、あの、なんて言うかね、あの、参加がしづらくなりますからね、

どんどんね。それは、それ(月1回)ぐらいは参加できる人の方がね、

あの 基本的には続くように思いますね。だから、そうですね。

 

今は、メンバーは、やっぱり『EP』が多いです。

だから『EP』が嫌いだっていう人は、嫌いって…、

『EP』が嫌いっていう人って、あんま、いるのかな?分かんないですけど。

 

ちょっと、どうかなって気がしますね。どうかなって言うか、

ま、ハイ。ですかね、ま、何かやることあるかな、うん。

 

で、基本的には『顔出し』はナシです、うん。

顔が「出したいよ」って言う人も、いるかもしれないけど、

なんか、色いろ、編集メンドくさくなるし、顔を出すんだったらね、

みんな出しといた方が、やっぱり、なんかバランスがとれるというか、

YouTubeとかでも。

 

僕は出しますよ、僕は(顔)出しますけど、あの、僕以外のメンバーで、

この人は出したくないけど、この人は出したいとかだと、

なんかその、なんか、出してない人がモロばれっていうかね、

生徒役の中で…。モロばれってわけじゃないけど、

なんかバランスがとれてないです、だから、

基本的には『顔出し』はナシでいきます。

基本的にはね、音声だけで、うん、ですね。うん、で、あの、そうですね。

 

で、スカイプでね、収録はだいたいしてる、だいたいって言うか、

まったく、まったく(スカイプで)してるんで、

スカイプのアカウントを、そのあと取ってもらうことになるんで。

 

「スカイプが、絶対に使いたくないっ!!」って言う人はね、ちょっと、

向いてないかもしれない。向いてないって言うか、ですかね、うん。

 

で、司会をね、やってもらえる、やってもらうんで、たいていね、あの、

司会と言っても難しいことは、ないんですよ、うん。

ちょっと話をふる、うん、それだけなんです。すぐ みんな出来ます、うん。

まぁ、そんな感じですね。

 

で、すごい やっぱり、色んなね 方の話を聞いて、僕はすごい楽しいですし、

色んな人と、あの 会えるし、やっぱり色いろ、すごいね、

色んな気づきをもらえるんで、

じかにね、僕が、実際の話に、ちょっと緊張するって言うか、

僕も、あんまり好きじゃない、好きじゃないって言うかね、

やっぱり、1人で話す時と違うんですよ。

 

こうやってYouTubeとかで、YouTubeというかね、

そういう生徒役を置いて、話すのは、やっぱり照れくさいし、緊張するし。

話を振ったり…、振らなかった、振らなかった時もね、例えば、

「このタイプは、こうだ!」って言ってね、そのタイプの人から

「いや、ぜんっぜん、違うんですけど」とかって言われたら、

ガッビーン!っていうか、

僕も「あぁ~」って言うかね、なんか それは、うわぁ~って思うんで、

緊張もするし、本当に自分の理論、合ってるのかな?って、

自分の仮説は、うん。

 

だから、非常に緊張感があって、

チャレンジなんですけどね、毎回ね、うん。でも、やっぱり、

1人でね、ウダウダ話すよりは、そこでちゃんとした意見とかね、うん、

正直なフィードバックをもらうことで、

かなり自分も、色んなことを、こう 教えられることが出来るんで、うん。

正直、相当、重宝してます。

 

僕もね、はじめはね、こういうコメンテーターとかね、

一般の方々から、こういうの募集するってこと、やってなかったんですけど、あの、

やっぱり、やり始めてから、話す内容が、すごい、あの 的確って言うかね。

 

自分で的確って言ったら変ですけど、やっぱり 自分でもね、

過去の音声とか聞いても、良くなったな~と思ってるので、あの、

向上させてくれたのはね、これまでのコメンテーターの方々だな~って、

思ってるのでね、ホントにね。

あの、感謝の意も込めて、で、さらに成長させてくれる、色んな方の、また募集をね。

 

今ね、結構 学生が多いなって。でも、当たり前ですよね。

やっぱり 平日の(夜)9時からとか、だとしてもね、やっぱり

会社員の方とか、難しい時があるって言うかね。

 

やっぱりね、働いてね、忙しいし、疲れて帰って来てね、僕の

収録に2時間つきあわされたらね、そりゃ~ね、

他にも やりたいこと あるでしょうし、そりゃ明日もね、

また朝、早くから お仕事でしょうし。

 

ていうことで 土日とかね、うん、(土日)だけ参加されるとかね、会社員の方は。

なんで、まぁ 学生がメインなんですけど、

でも会社員の方とか、もっと年上の方とかでもね、あの、色いろ、

教えてもらえることがあるんだったら、すごい。

 

もちろん学生がダメってわけじゃなくて、学生もガンガンね、来て欲しいんですけど。

若い力、やっぱりね、捉え方とかね、あの、

それが参考になるんでね、本当にね、うん。

 

なんか それは素晴らしいことなんですけどね。うん、ですね、うん。

で、色いろ、あの、ここに参加して来てくれたらね、色いろ、僕の、

色んな、これから色んなことを考えていくのにね、活動をね、うん。

そのお手伝いをね、 あの、割り振ったりとか、

色んなことを、お願いすることもあると思うので、うん。

 

僕もやっぱり、その、うん、なんだろうね。

せっかくね、あの からんで来てくれるんだったら、仲良くなりたいっていう

想いもあるんで。

 

で、できるだけ、長々とね、一緒に こう協力していって、

お互い 色んなところでね

サポートし合えるようになったらいいなぁと思って。

 

あの、それは もちろん、その時だけの関係じゃなくてね、

色いろなことは、もちろん、それは僕も、あの、うん、考えてますね。

 

で、もちろん、あの 将来的にね、あの 学生の方とかだったらね、あの

「うちの会社 どうですか?」って言ってね、

僕、一応、僕の会社を…(会社)に、こう なんだろうね…

あの セールスって言うかね、セールス…、あの

お願いすることも、あるかもしれない。

分かんないですけどね、それはね。

 

でも勝手知ってる人の方が、やっぱり いいですもんね、うん。

そういうことも一応…。

まぁ、ね、それ、うん、毎回 そうでもなくて、

それを期待して来られても困るんですけど。

 

まぁ、そういうことも一応、あり得るということですね、うん。

です、うん、ですかね、うん。他、なんか あるかな?

 

で、なんか申し込んだ後に、あの、最近は 結構

面談みたいなのを、やってます。

で、スカイプとかね、色いろ準備期間とか、僕と顔合わせとか、

どれぐらいね、この16タイプのね、知識があるかとか、あの、

ニックネームとかね、色いろ、あの 確認しといた方がいい場合が、

場合って言うかね、確認しておいた方がいいって、分かったので、うん。

 

で、向こうも…向こうって言うかね、申し込まれるあなた、あなたもね、

不安だと思うんで、始めにね Zoomか、スカイプか、LINEか、

(ビデオ)電話か何かで、やっぱり顔合わせって言うか…は、しますよ、うん。

 

それで、こういうカタチでやって行きますよって言ってね、うん。で、

「こういうカタチで参加したいんですけど」

「これこれ、大丈夫ですかね?」とかね、

「ん~、ちょっとスカイプの使い方、分かりません」とかね、

色いろ、あの、あなたからもね、

ご意見があると思うんで、それを お伺いして、っていうことですね。

 

で、ちょっとね、スカイプの電波とかが悪い、

あんまりね、よろしくないのかなっていう場合はね、

「そこ、ちょっとね、あの 何とかしておいて下さい」とかね。

 

やっぱり、それはね、あの、結構 気になる、

毎回ね、やっぱりスカイプとかで何人も集まってくると、

やっぱり、その 途切れがちとかにね、

なりやすくなったりとかして、

それは 他の方々のね、ご迷惑とかにも なったりするんで、

そこは、やっぱり慎重にやりたいとこなんでね、うん。

あと、なんか あるかな、うん。

 

そういう、最初にね、あの 申し込まれた後に面談っていうか、

最近は、やってるんだけど、

あなたがね、ここのコメンテーターにね、申し込んだらね、

この面談みたいなのの日付をね、あの先ず最初に お伺いして、

またね、概要を説明して、いくつかね、

このコメンテーターのYouTube収録に関してね 質問、ご質問があったらね、

あればね、そこで直接 僕に…、

(※ご注意!※)YouTube収録についての質問ですよ!

 

ここ(事前面談)で、

「あ!私は、ISTJの彼氏がいて…、どーの」とかって言って、

それは、ちょっと、あんまり答えられないんで。

 

それ以外、それ(悩み相談)は、

別のところで質問して欲しいんですけど、うん。

 

この(コメンテーター)収録に関してのね、質問があったら、

それを、あの お伺いするってことを、やってます、ですね。

 

だから、あの、まぁ 参加してみたいって人はね、

そんな難しいことは考えないで大丈夫です。いつでも辞められるんで。

今の現段階は、あの 無料でね、あの 参加できるってことで。

 

今、現段階はね、設定してるので、あの 気軽に申し込んでみて下さい、うん。

よく分かんないな~ってやつはね、あの、その後、その時の

面談でね、僕が色いろ解説するので、またね。

 

あの 僕もね、新しい人と話すのが意外と好きなので、

今ね、あの そこまで大変では ないので、一応、無料で、無料というかね、

誰でも、申し込めるようにしとくんで。

 

だから 下の『申し込みフォーム』ってヤツ(ボタン)を、

バシッと押してもらえればね、えー、

・名前 と、

・メールアドレス と、えー、

・性別 と、

・職業 と、えー、

・心理機能

 

「16タイプ、うん、どのタイプですか?」これ、分からない人は、

(心理機能が、どのタイプか)分からないままでいいですよ、うん。

 

で、

 ・出演しようと思った理由とね、

 ・自己PR

 

これね、自己PR書いといて下さい。

あー、何も全然 書かないとかね、

「なんか、興味本位」とか書いてあったら…、

さすがに僕もね、ムカつくんで、ちょっと、さすがに…。

 

僕は、かなりね 実はね、優しいんですけど、あの、

「なんかぁ、うふうふ テキトー」とかね、うん。

「なんか、うん、気が向いたから」とか、そういう感じで書かれていたら、

さすがに僕も、ちょっとね、あの『(こちらから)連絡はしません』、ハイ、うん。

 

だから、ちゃんと書いて下さい、ある程度ね、うん。

ちゃんと書けって言ってもね、すごい真面目に何十行も書けとかって、

そう言うワケじゃないんですけど。

 

まぁ、普通にね。

「こうだからで~す」って元気に書いてくれたら、いいんで。

 

で、僕は やっぱりね、

あの どうしても『EP』型が多くなるっていうのもあるし、

ある理由としては やっぱり、

すごい元気な人を求めてるっていうのがあって、

求めてるって言うか、うん、やっぱり、

そういう(元気な)ほうがね、採用されやすい。

 

採用されやすい、やすいって言ったら、採用されないわけじゃないんですけど、

元気がないと、うん。

 

元気だして、やっぱり、授業はしたいので。

元気らしさは、たいていイイですかね、はい。

 

で、そこに登録、フォームにね、登録してもらえばね、あの、

僕から、うん、その概要説明のミーティングを、(ミーティング)の、

スケジュール(確認メール)を送るので、そこで設定してもらって、

ていうカタチで進んで、進んでいきますね、ということです、うん。

 

で、注意点としては、そうですね、

16タイプに興味がない、あまり興味がないっていう人はね、参加しないで欲しいと。

 

で、平日の(夜)9時とか、土日の(夜)9時(もしくは土日の)、

昼間の9時がダメだっていう場合も、ダメだと、うん。

 

後は、違う目的、僕に直接なんかね「なんか真髄を聞きたい」、

ま、別にね、真髄を聞きたいはいいんですけど、それだけが目的とかね。

 

後はね、他の連中(もとい、皆さま)と「友達になりたい」、

友達になりたいって言うのもいいんですけど、

基本的には授業ですからね、当然、うん。

 

だから、それがメインの目的じゃ困るし、

変なナンパみたいなのが一番ダメですね。それは、あの、さ 早速、

あの もう早速ね、バシッっとね、切るので、あの

たぶん、そうだろうと思ったら。

 

それは、あの ダメですよ、はい、うん。

僕は容赦ないので、そこはね、はい、うん。

基本的には、それはね、真面目な授業なんで、ホントにね、うん。

 

真面目な、以外と真面目にやって、真面目なのかな? カジュアルなのかな?

分かんないけど、うん。

 

少なくとも、性格タイプについてのね、興味がある、あるっていうのが、

前提としてあるのでね、はい、ですかね、はい、うん。

 

まぁ、そんな感じでね、ガンガン募集(かけて、申込みを)待ってます!

で、まぁ しばらくしたらね、たぶん募集もストップするので、あの

この募集のフォームに行ってもね、あの

『停止してました』っていう場合は、

まぁ いったん停止してるんだなっていうことで、うん。見ておいて下さい。

 

結構、多分すぐ、すぐか、どうか分かんないけど、

頻繁にね(募集)停止するんで。

やっぱね 上限っていうかね、そんな 何百人、

何百人っていうかね、何十人もね、無理なんでね。

やっぱりね、いっぺんにっていうのはね、うん。

 

で、毎回 毎回 違う人っていうのも、最近はやめて、

ある程度は固定しようかなと思ってる、思ってるので。

 

あの、すぐね、募集が停止したり、開始、またね 開始したりとかってするんで、

もし これ、ピって押してね『今、ただいま停止してます』ってなったら、

またね、もし、本当に、やりたい気があるんだったら、また

数週間後とかね、1週間後とかに、ちょっとチェックしてみると

そこで またね、再開してる可能性があるので。

あの、定期的にチェックしてみるのも、いいかもしれないですね。

 

はい、ということでした!

それでは、あの 色んな方からのね、応募、ご応募をお待ちしております。

 

 

出演してみます!

 

 

心理機能コメンテーターとは…?

・心理学トークにスカイプで参加

・匿名OK音声のみOKボーナス有り

・都合のいいときに自由参加でOK

・イベント開催、老若男女の仲間GET

・仲間と一緒に心理学をマジメに勉強

etc…

 

▽YouTubeコメンテーター収録の流れ

1)このページで申し込み(無料)

2)毎週メールで送られてくる予定スケジュール表を確認し、出演したい日時にチェックを入れる

3)あなたの出演スケジュール確定

4)私からあなたのスカイプIDへご連絡

(初めての場合)

5)その日の収録グループにご招待

6)開始時間に、私から音声通話を致します

7)収録開始(2時間)

8)収録後日、録音を編集した音源を参加者さまにシェア(確認のため。初回のみ)

 

▽収録本番の流れ

1)自己紹介

2)雑談(質問、アンケート、カンタンなトーク)

3)収録本編

4)質問、その他

5)終了

 

▽各回進行例(一例です)

収録例です。参考にしてみてください。

 

司会:おはようございます!
カタギ:おはようございます!
参加者:おはようございます!
参加者:おはようございます!

 

司会:心理機能デイリーセッション、

「ダイナミック・カフェ」今日のテーマは○○○です。

カタギさん、宜しくおねがいします。

 

カタギ:~~~(数分話す)

 

司会:なるほど。

(質問or感想or参加者に話を振る)

 

~10分くらいたったら~

司会:それでは、今日のテーマは○○○でした。

 

皆さん、今日も一日元気に頑張っていきましょう!
それじゃ、またね!バイバイ!

 

※司会者はその回に参加しているコメンテーターさんの中から担当して頂きます(最初の内は先輩に任せっきりでもOK)

 

▽その他諸注意

※各回のテーマは本番シェア致します。

(ご希望により事前シェア可能です。)

 

※一回の収録で大体2~3回ほど録ります。

 

※基本的に音声での収録になります。

 

※録音した音声は、YouTubeで公開します。予めご了承ください。

 

※各回の収録は私(カタギ)を含めて大体3~4人での収録になります。(コメンテーターさんは各回2~3人での収録になることが多いです。)

 

※ライブ配信ではないので、失言をカットしたり、長考や熟考時間も編集でカットすることができます。リラックスして収録に臨むことができます。

 

※現在コメンテーター登録されている方は27名ほどです。

(2022年06月27日現在)

 

※現在コメンテーターさんの男女比率は半々です。

 

 

 

出演してみます!

 

 

会社概要   |  特定商取引法   |  プライバシーポリシー